上質なリビングに必要な要素

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。




前回の記事では「上質なリビング」についての定義をお話ししました。


上質なリビングって何からできるのというと

リンナでは2つの要素からなると考えています。

1 快適さが再現&持続しやすいモノの配置

2 心地よい空気を生み出すコミュニケーション



今日は1について、私の経験からお話しします。

私は結婚、出産後も仕事を続けています。

そもそも私は片づけが得意ではなく、タイプでいうならば

ぱっと見きれいにできるけどツメがあまい、かつ手間を省きたいズボラー

でこの性質は今も健在です(チーン)。


部屋の状況は、仕事の忙しさ、気持ちの余裕のなさに比例し

以前は仕事から疲れて帰ってくると何も手がつかなくなり

夫が帰ってくる時に部屋が子供がだしたおもちゃや、お風呂後の衣類が散乱し

足の踏み場もないくらい散らかった状態のまんまなことはままあることでした。

マイホームを建てる時に、この状態は起きるのはいやだ!と一念発起し

でも生粋のズボラーなので、なるべくラクにできる方法はないか?

ということでたどり着いたのが

家族それぞれが自分で整理できるしくみにしよう!

でした。

「快適さが再現&持続しやすいモノの配置」とは

家族それぞれが自分で整理できるしくみづくり



LINNA 
miki ishibashi