2016年11月17日

夫婦のコミュニケーションの質が高いとこれもよくなる

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。


以前の記事で上質なリビングをつくるために、

夫婦間のコミュニケーションが最重要であることと

その理由についてお話しましたが

もうひとつの側面として、

夫婦間のコミュニケーションが良質であれば

子供は勝手に真似をしてくれる、ということがあります。

やりかたを教えるではなく、ありかたをみせるのが

1番の教えになります。

もちろん、夫婦のことなのでけんかもあるでしょうが

むしろけんかしたときにどうすべきかさえも

伝えることができます


もしけんかをしたところを見せたのなら

どうやって仲直りまでしたかをみせるということも

とても大事だと思います(けんかにも質がありますと思いますが)。


私は長男に相手の気持ちを汲んで、こういうことして

あげたら喜ぶということを細かく教えたことはありませんが

年下の子どもたちの手助けをしたり

いつもはお迎えはしないおばあちゃんが保育園にきた時

何がどこにあるかを教えてあげたりすることを率先して、

無意識にやっています(男の子にしてはめずらしいとよく言われる)。


そういう「相手と向き合う姿勢」は

言葉ではなくやっている姿をみるのが一番はやい

と感じています。


*********************************
夫婦間のコミュニケーションが良質であれば
こどものコミュニケーションの取り方も自然に良くなる


LINNA 
miki ishibashi