2016年11月20日

夫が帰りたくなる嫁の反応【「これから帰るよ」の連絡編】

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。


「イエーイ!帰るぞ」


前回の記事では夫の帰宅時の行動心理からどうやって勝手に

片付けるしくみをつくるか?について考えました。

今回は、以前の記事「かえってきたくなる『おかえりなさい』の伝え方の話」を掲載した際、

「続きが気になる!」と言ってくださったので、そのお話をしたいと思います。



電話、またはメールでダンナ様から

「終わったよ~。これから帰ります。」

と連絡がきた時、どんな返事をしていますか?

「はーい。何時頃?」

「夕飯は食べるよね?」

このような返事をしていたら、実はよくないです。

なぜかというと、普通の時はいいですが、

そのうち業務連絡のようになりかねないからです。



ここはまず、

「お疲れさま~?!!」や


「大変だったね~(何をやってたか知らなくとも)」から入ります。


なんだ、そんなとこ、と思うかもしれませんが

お仕事がんばったダンナさまにできる限り「受けいれる」情報を

与えなくてはなりません。


前回の記事でもお話したように、メラビアンの法則

視覚情報は55%、聴覚情報が38%、言語情報は7%

なので、電話でも半分以下、メールなら微々たる量しか

自分が思ってる感情を伝えられないと考えるといいと思います。

まず、ねぎらいの言葉や相手がほしいと思う言葉を添えることが大事です。

(電話の場合、さらにこの第一声のお疲れさまを言い方にも注意が必要ですが、それはまた今度お話します。)



そして、もしこの後ダンナさまから今日のできごとや仕事を終えた後の

話が続いた場合、これがどんな内容であっても

全て肯定します



例えばうちだとこんな感じです。

夫「もう疲れちゃってさー、逃げるように帰ってきた」

私「お~いいね!どんどん早く帰ってきた方が、会社のためだ!

(この時は率先して時短する人がいないと結局環境は変わらないという意味で)」


にげるように帰ってきたって…。「仕事大丈夫なの?」とか

思う必要は全くありません。

なぜならこのタイミングではダンナさまが帰ることは本人の中で決まっています。

仕事大丈夫か?と心配しても、「じゃあやっぱり仕事やろうかな」なんて

思うことはないのです。

仕事は、「私の夫なのだから、私がいわなくともちゃんとやってるだろう」と思っとけばOKです。

だったら、ダンナ様が帰るという行為を喜ぶ以外とる反応はありません。



これは予定より早くなったときも同じで(遅くなる時は別対応)

とにかく「えーっ!!早く帰ってきてくれるの?!嬉しい~!!」

とただ伝えるだけです。

「えーっ!なんで早くなるのを言ってくれなかったの?」は絶対ダメです。

こちらにもやることがあるんだよ~?と思う気持ちはわかりますが、

「早く帰る」ことに対してはずっとイエス対応します。

はやく帰ってきてくれたら、自分がやろうと思ってたことを

手伝ってもらえばいいんだから、ありがたいことこの上ないのです。


それを毎日やってると、ダンナ様の中で

「俺が『家に早く帰る』ことが家族にとって善いこと」ということが浸透します。

無意識レベルまで刷り込ませたら、しめたものです笑


*************************************
「これから帰るよ」にからむ発言には全肯定する


LINNA 
miki ishibashi