誰でも使いやすくて、しかも私がストレスフリーなキッチン棚

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。

前回の記事では、「俺の居場所ない症候群」とは、その症状やかかる前に

防ぐには?について考えてみました。

今日は続きにいきたいところですが、コミュニケーション編が続いたので

気分を変えて、我が家のオーガナイズシリーズいきたいと思います。


今回は『キッチンの食器棚』です。

我が家は、中古の戸建てを買ってリノベーションをしました。

我が家ではキッチンに立つ人が多いです。

私、母、夫、父、長男、たまに妹。


次男も2歳ですが、そろそろ立ちたがる頃なので、さらに多くなります。

そうすると、私にとっては

「誰が使っても一発でわかりやすくて、私もストレスない」

ことが最重要命題でした。

ちなみにこんだけ集まれば利き脳もバラバラ。(そうだ、全然説明してなかったので

今度お話します。ライフオーガナイズでは、利き手のように脳にも本人が

使いやすいクセがあって、それに合わせて収納スタイルを変えていきます)

なので、


・どこに何があるかが明確(じゃないとあれどこ~がいちいちめんどい)

・私メインなのでざっくり収納(見た目すっきり、中身テキトースタイルの本領発揮)

・ラベルは日本語(おしゃれな英語のラベルは残念ながらだれも読めない)



ということでできたのがこちら。




使い始めてしばらくたちますが、本当にラクです。


ラベルはですね、なんと手書きです笑





ダンナには最初「何このダサいの」と言われましたが(いや、きみのためなんだよ)、

「あれどこ~?」が本当にないです。

あとは私的には色が揃ってることが優先なので、黒でまとめられたから

満足しています。

ちなみにこの黒のケースは私にライフオーガナイズと出会うきっかけをくださった

ライフオーガナイザーの大大先輩である鈴木尚子さんのブログ記事で

パントリーに使っていることを知って私も購入しました♪



ライフオーガナイズの考え方って、本当自分の性格にもマッチしてて

片付けが「きれいにすること」なんじゃなく「いかに毎日がラクになるか」

ということなので、皆さんの生活の中にもぜひ取り入れてほしいと

思っています!

*************************************
ライフオーガナイズで、家族みんながラクになる!


LINNA
miki ishibashi