私が夫と子供たちを幸せにする!

家族の幸せをつかむリビングのつくり方

リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。

前回の記事はイケアに行ってやってしまった

私の目的のない買い物についてお話しました。



今日は改めてこのブログ

「家族の幸せをつかむリビングのつくり方」

想いについてお話したいと思います。


私が、夫や子供達を自分の力で「幸せにする」と言葉で意識したのは

大学の友人がフェイスブックであげていた投稿記事がきっかけでした。

どんな記事かというと、

友人が海外で挙式をあげきれいなウェディングドレスをきて、

素敵なダンナ様を…お姫様抱っこしている写真!

(実際の写真をみせられないのがとっても残念)

と、「(旦那様を)幸せにするぞ!」というコメント。


爆笑とともに、なんてかっこいいんだろう!と思いました。


もともと、私自身「結婚は生活だ」スタンスの持ち主で

夫とも一緒に生活し助け合う運命共同体や同士みたいな

気持ちが強かったですが

自分が家族を「幸せにする」という感覚って

そこまで強くなかった気がします。だからこの投稿見たときに

あ~!私も絶対そうしよう!

私が家族みんなを幸せにするんだ!

その方が絶対楽しいし私に合ってる!


と思いました。


と考えたら、そもそもの話でいうと今こうやって家族と過ごして

こどもたちや夫が笑ってるのだって

私自身、みんなが幸せにする努力をしてるなって。

がんばってるじゃん私!って思えたりもして。

何気なく過ごせる時間を私作れてるじゃん!って思えたら

この考え方はさらにいい考え方だなと思いました。


人生、何が起きるかわからない。

だから、全力でみんなを幸せにすると決めています。


上質なリビングをつくるのも家族の幸せを自分で「つかむ」ため。

やりたい仕事をやるのも、私が楽しく働く姿をこどもたちにみせたいから。

夫との会話を大事にするのも、10年後もその先もずっと仲良くいたいから。

だけどたまにやらかすこともある、さっそく昨日もやらかした(前回の記事参照)。

それでも私自身が幸せをつかむ!と決めて、

そうありたいと思ってこのタイトルにしました。


このきっかけをくれた大学の友人と

書くことの背中を押してくれた

私のライフオーガナイザーのパートナーの

順ちゃんに心から感謝してます。



****************************************

私が、家族の幸せをつかむ!




LINNA
miki ishibashi