「散らかる」という症状の根本の原因は何なのか?

家族の幸せをつかむリビングのつくり方

リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。

前回の記事は愛用しているカレンダーの想い(笑)について

お話をさせていただきました。

今回はオーガナイズのお話です。

私は以前、忙しくなるたびにちらかり、気持ちに余裕がなくなると

かたづける気力もなくなり、気持ちのイライラやそわそわを

引き起こしていました。


それは部屋の状態が心を投影した状態だとうすうす気づいていたにも

関わらず、解決策がわからなかった
のです。


でもライフオーガナイズに出会い、大きな気づきがありました。

それは、私にとっての「片付け」はきれいにすることではなかったことです。

私にとっての「片付け」は

いかにストレスのない心地よい状態が続くことか


これに気づけたことで、例えば仮に現状で多少散らかっても

イライラしたり、できない自分に落ち込むことが全くありません。

どこをすっきりさせれば私の片付けのストレスがなくなるか

わかっているからです。


これは、サロン運営をしていた時代で言い換えるならば

大事なのは「症状に対して根本の問題は何か?」ということです。

頭痛をもっているAさんとBさんがいるとします。

Aさんはデスクワークでパソコン作業が多い。

趣味はウェブショッピングで、布団の中にはいってからも

検索をすることが多い。

Bさんは責任のある立場になってから頭痛の頻度が多くなった。

もともと責任感が強く、仕事も忙しい状態が続き、

あまり眠れないことも多い。


このAさんとB さんがなっている症状は

同じ頭痛でも、解決法がちがってくる

のは明白です。

もちろん、同じ頭痛薬をそれぞれが飲んでも解消されることがないのも

わかります。



「その場しのぎで頭痛薬を飲んでも、頭痛は治らない」


片付けも同じなんですね。


単に「散らかってる」でも、

その経緯や原因はその家族ごとに違う背景や原因が存在するんです。


それを、その人がなぜその状態になるのかの根本を一緒にみつけ

それをご自身で自覚し

解決策や付き合い方を見つける

それがライフオーガナイズという手法であり

サポートするのがライフオーガナイザーの仕事です。


一見片付いていてもしっくりきていなかったり

自分ばかり片付けをしていることに腑に落ちなかったり

夫が片付けてくれないことにいらっとしたり

そういうことが続くようであれば

本当は何が原因なのかを

「自分」に問いかける必要があります。

その原因を見つけるお手伝いができればとっても嬉しいです。


***************************************
答えは自分の中にあります


LINNA
miki ishibashi