えらい時間がかかったけどようやく見えた自営の仕事軸

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。


前回の記事では夫(男性)の4大好きなものを嫁も大切にする方法に

ついて考えてみました。



先週、志木で美部屋セラピストの堀江梨江さんの

ブログ、フェイスブック集客セミナーに参加しました。

ここ数ヶ月は堀江さんのところでいろんなテーマで学ばせていただくことが多く、

そして一番ありがたいなと思ったのは、

自分の仕事のスタンスがしっかり見えてきたなというところでした。


私自身以前の仕事でも自営というかたちをとっていたのですが、

今回改めてスタートを切るにあたり、一番自分の中でネックだったのが

自分を露出していくことを改めてやっていくということだったんですね。


自分を商品として伝えていくわけなのでもちろん覚悟をもって望むわけですが

私自身長子なので、先陣きってやることは得意でも

あまり目立つことなどは得意ではなく(こうみえて)。


2007年から自営をスタートして、サロン運営5年くらいで

ようやく自分たちのペースができて、

でもやはりその現状維持だけではサロンは続かないという危機感をもっていて。

それで会社として新しいことを始めようと思い自分という媒体を

通してサービスを提供するということをやろうとした訳ですが

振り返ると、自分がそれをやることに

100%イエスと言い切れてなかったと思います。


それで、自営時代の前半にいっぱい恥をかいて

妹と二人でくやしくて悲しくて辛い思いもいっぱいしたし

これはさすがにやばいかなというピンチも自分たちなりに乗り越えてきて

そういうスパルタ的なしんどさや大変さはけっこう慣れてるんですが(笑)、

そうか、うん。慣れてなかったんですね(書くとわかるってこれですね)。


今回は自分の本当に、心の底から伝えていきたいことを仕事にしていくので

前回よりブレはなかったんですが、やっていく中で気持ちがすり減ることも

あるのかなと少し心配になったり。正直。


でも、堀江さんのレッスンの中で自分のスタンスとして決定的になったのは


SNSをはじめどんなに情報化であっても、

自分の行き届くところはすべて丁寧に行う。

もしそれで例え広がっていくスピードが落ちるとしても

私は根をしっかり張って、地元の人や気が合う人とつながって、信頼関係を積んで、

その先に私のサービスを受けてくださる方がいてほしい。



しょうがない。

これで私がやっと納得したんだから(出たっ左右脳あるある)

私が仕事を通して感じる幸せや喜びはこれなんだから。




そう決められると、不思議と他のことも決まって、楽になりました。

堀江さんのスタンスがすごく共感できたのが私の中でも大きいでしょうか。


そして、それに気づけたのは自分なりにいろんなことを

たくさんの方から学ばせていただくことでようやく見えてきました。

なので、本当に今この位置にこれたことに感謝でいっぱいです。

やっぱり1歩ずつなんですね。

えらい時間かかったな!と自分で思いつつ

これからドカンと突き進みたいと思っています♪


余談なんですが、私ブログっていつもタイトルを決めて本文書き始めるんですが

最初に書こうと思ってたのが

「花をもらった時の反応でわかる利き脳の話」だったんです。

書き始めたら全く違う内容になったのでびっくりです(笑)


「花をもらった時の反応でわかる利き脳の話」はまた次の機会に書きたいと思います!

******************************************
今は不思議と心に何のひっかかりもなく

楽しみな気持ちしかないです。



LINNA
miki ishibashi