2017年1月

忙しい夫婦がすれ違わないための1日7分の時間の使い方

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザー石橋美樹です。

前回の記事ではUSPクリエイターの星渉さんのグループコンサルティングを

受けに行ったお話をさせていただきました。

今回はコミュニケーション編です。


皆さんは平日ダンナ様と会話をどれくらいしますか?

私は朝の支度の時間と、

夫が帰ってきて私が寝かしつけから起きれた場合の

会話の時間が主で、1~2時間程度です。


朝も起きてからずっと話してるわけではもちろんなく

保育園の支度やら先生の連絡事項の引継ぎやらの

業務連絡的がほとんどで、

子供のことや仕事のことを話せるとしたら

夫が帰ってきてからの時間。


改めて考えるとなかなかの少なさです。


あるサイトの夫婦の会話の時間ランキングでは

1位 1~2時間(そうそうこれウチ)

2位 3~4時間
(新婚さんや、一緒にお風呂に入る人たちはこれくらいだそう)

3位 30分
(30~40代はこれが多い)

とのことで、平日に飲み会をしてコミュニケーションを

図ってる同僚との方がよっぽど

コミュニケーション量が多いわけですね。



実際、まあ疲れておりますので

寝落ちすることもザラにありますし

とはいえこの数字をみると、

50代60代になった時どうなんの?

と思いますよね。


そんな時間のない時でも

コミュニケーションの質と量がアップし

信頼関係が増すオススメの方法を

お伝えしたいと思います♪


それは

さするをベースとした簡単な手や足のマッサージ


です。



我が家では私がリラクゼーションサロンをやっていましたので

さするをベースに夫にスキンケアをやってあげたりもします。


ぶっちゃけて話せば、夫は手揉み足揉みが上手なもので

実際は3~4回やってもらって私が1回やるような頻度です(爆)


私はマッサージというのは以前はスキンシップという

イメージが強かったですが

ベビーマッサージなどもそうであるように

さすったりハンドやフットマッサージをすることは

肌から直接伝わるコミュニケーションなんですね。


そして、ハンドやフットのマッサージの効果は絶大です。


私がかれこれ7~8年夫や子供を通して感じているのは


・やった側もされた側もメンタルが抜群に安定する

・リラックス感が増え安心や信頼が増す

・マッサージをしてもらってることで

会話をしなくてもいいし会話のし始めのきっかけにもなる



などなど。


(先日、ベビーマッサージ教室をされている越智小織さんのところに

仕事の相談もかねて講座を受けに行ったのですが

ご家族みんなでやって楽しい時間を過ごしているそうです。

素敵ですよね!)

メンタルの安定で言えば、例えばクルマの中で

次男坊と長女が泣いていても親2人まっったく動じません(笑)。

こどもたちも安定感バツグンです。



そして、これはできれば7分以上やるのがおすすめです。


なぜかというと、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが

幸せホルモンと呼ばれるオキシトシン

マッサージの間分泌されるのですが

7分をマックスにして分泌され、

あとはなだらかに分泌され続けます。




とはいっても難しいことはやらなくて平気です!

さするをイメージ。さするだけでも肌表面が温まり血行がよくなります。

7分がマックスだけど、毎日3分やったら0より信頼感はまします!

お互いでやれたら、4分ずつで十分効果があるわけですね。



肌に直接の方がよりリラックスしますが

服の上から胃のあたりに手をおくだけでも

安心感がありますよね?

なので服の上からでも全然平気です。



保湿クリームなんかを使ってあげるとよりリラックス効果が増します。


大事な人を癒してあげられると、

自分も自信がもてるのでオススメです。


1日に7分。

ぜひ試してみてください。

********************

たかが7分、されど7分。

信頼関係を積んでいけたら大きいですね。

LINNA
miki ishibashi

私の幸せの軸から目をそらさない

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。


前回の記事では家族が今よりさらに仲良くなる写真の飾り方について

お伝えしました。


昨日は、星渉さんの最後のグループコンサルティングに、参加してきました!



6ヶ月で月商7桁を稼ぐ女性起業家を91.3%

という驚異的な確率で輩出され、

起業家プロデュース業を去年引退された星さん。


去年の12月に、本当に限定で1回限りの

グループコンサルティングをしてくださるというメルマガを読み

ということでこのチャンスは絶対逃してはいけない!


と思い申し込みましたが…



心から、心から、


参加してよかった(涙)!!!


申し込むと決めた私よくやった!!



と思えた1日でした。



内容はまだ頭がついていってないので

詳しく言えないものの

私がこれからやる新企画の USP、その道筋、すぐにとりかかるべきこと…

これらが具現化する一手を手渡していただきました。

グループコンサルティングだったので、

ほかの参加者の方のコンサルティングも

学びがたくさんあり

本当に充実という言葉では言い表せない

私にとって大切な日になりました。


星さんに会えるのは

これで会員制ラボしかなくなってしまいましたが、

それでも月一で学びにいけるのはとてもありがたいこと。

成長する姿をみせて恩返ししたいなと思いました。



私の新企画…自分でいっちゃなんですが

やばいことになると思います!!!



私自身が楽しみでしかないので

近々公開していきたいと思います!



星さんから大切なコトバをたくさんいただいたのですが

一番大切だと思ったことをお伝えしようと思います。


自分の幸せの軸から目をそらすな


星さんの講座や、メルマガなどでも必ず

そして昨日のグループコンサルティングでも

伝えてくれる、このコトバ。


自分は何のために起業を選択したのか

7桁稼ぐのは手段でしかない、

そこに自分の幸せがなければ意味がない

幸せな起業家になりなさい


これは起業でなくても自分にいえることだと思います。


私の幸せは何か

誰といるのが幸せか

何をやるのが幸せか

どんな場所で過ごすのが幸せか



そのことから目をそらさず向き合うこと


私は絶対目をそらさない

とかたく決めました。



*****************************
大事なので3回目ですがもう一度

自分の幸せの軸から目をそらさない



LINNA
miki isihbashi

家族がさらに仲良くなる写真の飾り方

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザー石橋美樹です。

前回の記事ではリンナのブログで

人気の記事をまとめて掲載させていただきました。



今回は我が家のオーガナイズ編です。


私は風水などはそこまで気にしていない

(悪い要素はさけるようにしてるくらい)

のですが、

×玄関に家族の写真を飾る

◯ リビングに家族の写真を飾る


というのは仮住まいの時から気にかけていました。


それで、

思い出が増えるたび写真を増やしたいタイプ



置いて飾るとほこりがたまり、それを掃除するのはめんどい



ので、必然と写真を壁にかけてかざっています。



部屋の中央に向かって飾るとさらによく

空いてる壁があるときはそうしていました。


ちなみにこの飾り方にはコツがありまして

壁全体を一枚の絵と見たときに

写真がひし形やトランプのダイヤ型になるように

するとバランス良く配置できます。



友人や知人が遊びに来てくれると

必ず写真をみたりして会話もはずむし


目線を挟む高さにあるのでいつも目につき

うれしいたのしい気持ちが頻繁によみがえります。


もし余っている壁があるようでしたら

ぜひ試してみてください♪


************************
幸せな感情の記憶を思い出させる写真は

部屋の中心に向かって飾るとベスト



LINNA
miki ishibashi

「家族の幸せをつかむリビングのつくり方」人気記事まとめてみました

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。

前回の記事ではメイクレッスンで30代ナチュラルメイク派は

眉毛の描き方を見直すべきだというお話をしました。




今回は、このところとても反響やコメントをいただく

「上質なリビングをつくる片付けのしくみ」、

「我が家のライフオーガナイズ」カテゴリーの

人気の記事をまとめました。



「大人もこどもも出し入れがラクな収納用品」
キッチンで使用している、とても使いやすい収納用品についてのお話。


「夫の『4大』大切なものを大切にする方法」

夫(男性)の好きなものを4つに分け、それぞれを大切にする方法について。

「夫のぬぎっぱなしを防ぐ方法(ついでに私もこどもも)」
夫、ついでにこどもと私がぬぎっぱなしを防げるようになったお話。

「キッチンの年末掃除(コンロ側)」
キッチンのコンロの調理器具の配置や収納で気をつけていること。

「捨てられなかった古いバスタオルのゆくえ」
引っ越す前でもどうしても捨てられなかったバスタオルを今、どう活用しているか。


「大事なものは見える化すると、いらないものが自然とわかる」

夫とこどものおもちゃ収納で気づいたこと。

「長男、書類を仕分ける。」
年末に入り、6歳の長男に書類のオーガナイズをやってもらった話。

「我が家の意外なおもちゃ収納場所」
夫と長男、次男のお気に入りのおもちゃをしまっている意外な場所。

「誰でも使いやすくて、しかも私がストレスフリーなキッチン棚」
出入りが多い我が家のキッチンで、皆が使いやすくて

めんどくさがりな私がイライラしないキッチン棚

「夫のカバンの置き場所はどこか」
夫と私がやってしまう仕事帰りにカバンをどこに置くか問題を解決した置き場所。


以前の私は、ぱっと見はきれいにできるんだけど

忙しさに比例してちらかって

ちらかっては片付けて

それも追いつかなくなって

夫が帰ってきたときに

「きたない…」と

言われるような状態でした。


忙しくなるとそうなる自分もすきじゃなかったし

そうするとこどもたちにも夫にも

笑顔をむけられなくて。

「気持ちに余裕があれば…」

「なんかいい方法ないかな~…」

とかずっと考えてました。


でも

気持ちに余裕がでてくるのが先ではなくて

しくみをつくってしまうことを先にする

と気持ちにも時間にも余裕がでてくる


ということが一番の気づきでした。


もし今、

なんかもっと効率よく生活できるんじゃないか

日々の生活のことは考えずにさっさと済ませて、

自分の仕事や将来のことを考える時間

こどもたちや夫と過ごす時間を大事にしたい


と思った時は、ぜひお声かけください。


***********************
悩みをシェアするだけでも

前にすすめるかもしれません♪




LINNA
miki ishibashi

30代はナチュラルメイク派ほど眉毛の描き方は見直す必要あり

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。


前回の記事では夫のぬぎっぱなしを防ぐ方法についてお伝えしました。


先週の金曜日に、辻田朋子さんのメイクレッスンの

最終3回目が終了しました!



毎回レッスンも楽しく、朋子さんと話して大爆笑すぎて、

今回も2人で写真とるの忘れてもーたので

前回のをのせてますが(爆)

朋子さんと知り合ったのは1年ちょっと前だったのですが、

今回レッスン受けてみようと思ったのは

独立をする上で、お客様に対して持ってもらうイメージと、

自分がなりたい印象を一致させたいなと思ってたんですね。


朋子さんのレッスン受けた方は皆品があって、

その人らしいと感じていたのでぜひ受けたいと思いました。


で!受けてみたらまず、

眉毛の描き方。

こんなに自分の印象がかわるんだとびっくり!


自分のはナチュラルメイクだと思っていたけど、

ほぼノーメイクだったという衝撃(眉毛消えてた笑)。

みなさんメイクの仕方って適宜アップデートしてます?

私は、そのナチュラルという思い込みから、

雑誌なんかでナチュラル派のメイクアップアーティストさんのを

適当に自分でとりいれたのをずっとやってたわけで。


基本は同じなんだけど、顔のパーツでうける印象に対して

まゆやまの位置や長さは変える必要があり、

そして顔のパーツの位置なんかも、

一度客観的にみてもらったほうがまちがいないことも判明。


私は自分が思っている以上に

造形的にたれ目ということがここ最近判明し

それに対してアイラインや眉毛を添わせると

全体的に下がった印象になるようで。


もちろん年齢による変化も現実として

ございますのでね、

一度チェックされることをオススメします。



朋子さんのメイクはその人の骨格やパーツバランスに

合わせたメイクの仕方を教えてくれるので

私の場合、

アイメイクは、目がデメで凹凸が多い方なので

目の一番高い位置にハイライト的なのは入れ始めない

(一般的にはよくやる方法)。


チークも、頬骨が高いのでみせたい印象によって

筆の動かし方を変える。

とか、実際に自分のメイクをしているところを

直してくれるのでとても実践的でした。




ナチュラル派でシンプル工程のメイクしか

してない人ほど、見直しをしないといけないなと

思いました。


そのほかにも、仕事用、プライベート用、少しきちんとした場に行く時用の

メイクの仕方も改めて教わって、

奥の深さと楽しさを学べました♪



大爆笑メイクレッスン(こう書くとすごいイメージ笑)

とても楽しかったです!!




************************
仕事や日々の生活と同じように

自分のことも見直しタイムって必要だと思いました



LINNA
miki ishibashi

夫の服のぬぎっぱなしを防ぐ方法(ついでに私とこどもも)

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザー石橋美樹です。


前回の記事までは独立系女子のための五百田ゼミのレポート

3回に分けて書かせていただきました!


今回は久しぶりにオーガナイズ編です。



我が家では主として夫がぱなし現象を起こすことが多いですが、

こどもたち、そして私もやることは多々あります(爆)


これは以前の記事(夫のカバンの置き場所はどこか)にも書きましたが

男性(特に少年気質の外見大人だけど実際は家の中で長男ってだけの人)

は欲求に素直で帰ってきたら

足跡のようにかばんを起き、靴下をぬぎ、

置ける場所であればどこでも!

なにも考えることもなく!

ぱなしを発生させるわけです!YEAH!

(ここ最近変なテンションがちらつきますね)



私なんかは優しくないほうなので、

それをやってたらあえてずーっと放置してることもあったのですが

男性は家にいる時間が他の家族より短いことも多いわけで。

それがテンプレートになったらたまったもんじゃないですよね。


ということで、我が家でのぬぎっぱなし解決策をお伝えします。



それは


夫が帰ってきて部屋着に着替えるまでの間で

とどまる場所に洗濯物カゴ(脱いだ靴下)を置く


ことです。



優先すべきは夫です。


なぜならこどもたちは脱いだその瞬間を

私たちが目にすることができ、習慣化するまで

「脱いだ服入れにいれて~」を指示できます。


嫁はルールを作った人間なので

そこにいれることを意識して続ければいいだけです。


片付けというのは、しくみを作って、それが浸透するまで

管理やフォローをすることが大切だと思っています。

(そのために良質な夫婦コミュニケーションが必要であるというわけです)

チーム戦なんです(だれと戦ってる)。



夫の場合は仕事の帰りが遅かったりして

会えないと、それをずっとつきっきりでフォローは

できません。


だから、一番夫の行動範囲に一番近く目につくとこに配置し

脱いだ瞬間に「ここが置き場所」とわからせるように

することが大切なんですね。



ということで我が家のその場所はどこかというと




あのカゴです。


以前もお伝えした通り、我が家では

リビングに入ってすぐのところにクロークがあり

カバンとアウターをそこでぬぎます。


なので、そこでくつしたのぬぎ場所も確保しました。



簡易的だし、リビングに洗濯かごがひとつおかれてるわけですが

こどもがお風呂上がりにぬれたタオルや

上の子がたまにおねしょをしてぬれたパンツや

パジャマなんかをこどもたちにいれてとお願いをし、


カゴごと持って洗濯機置き場にいけばOK!!


これはどこがいいかは家の間取りや

動く流れによって違うと思いますが

リビングにひとつ置いたことで

私はとってもラクになりました~。


実はぬぎっぱなしや置きっ放し、私もよくやってましたので(でへ)

ぜひぜひおすすめです♪


**********************

夫のぬぎっぱなし、おきっぱなしを防ぐには

脱ぐその瞬間に置く場所が明確であることが重要



LINNA
miki ishibashi






参加者さまの感想~独立系女子のための五百田ゼミレポート3~

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター・ライフオーガナイザーの石橋美樹です。


前回からの独立系女子のための五百田ゼミのレポートパート3です。

(昨日TBSのその差ってなんですか?!に出演されてましたね!)


余談ですがシロノニワのお食事とってもおいしかったです!

食べ放題のパンは美味しすぎました。


第1回五百田ゼミに参加してくださった方からの

感想を一部ですが載せさせていただきます!

==================

「美樹さん主催ゼミなら面白いかも」と

軽い?気持ちで参加させて頂きましたが、

五百田さんの気さくなお人柄と様々な環境下にある皆さんのお話を伺って、

気づくこと、考えさせられることがたくさんあり、いい刺激を受けました。

またぜひ!お声掛けください!


====================

今日はありがとうございました。

起業とか独立はまだ先。。。と思って、

ちょっとハードル高いかな?と思って焦ってました。

しかし、実際、五百田先生のお話や皆さんのお話が刺激的で、

参加して良かったです。

今後、どんどん新しい事に

チャレンジしていくためにも、また参加したいです。

よろしくお願いします!

================

本日はこのような機会を作って

いただきありがとうございました?

五百田さんのリアルな独立ストーリーが聞けて、

自分の将来についてもさらに前向きに捉えられました。

次回開催も楽しみにしています!!!!

====================

五百田さんの実体験とそれぞれのときの心境をきけたこと、

そして穏やかで様々な考えを受け入れてくれる雰囲気のおかげで、

みなさんからも色々なお話がきけてとても勉強になりましたo(^▽^)o

来月からがますます楽しみです?

今後ともよろしくお願いします(^^)

===============

五百田さんのカッコつけない

起業ストーリートークがたのし過ぎで(∩?o?∩)?()

皆さんも 温かい雰囲気で?

たくさんの学びと 出会いに感謝いたします!

またお誘いいただけると嬉しいです。

====================

中には参加した記事を投稿したら

お客様の申し込みが2件はいってました!

なんて言う声もいただきました。


皆様本当にありがとうございました!




次回詳細を近々あげさせていただきますので

機会が合いましたらぜひご参加ください!


************************

独立系女子のための五百田ゼミ

月1 日曜のお昼に開催です!




LINNA
miki ishibashi

なぜメンターが必要なのか?~独立系女子のための五百田ゼミレポート2~

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザー石橋美樹です。


前回の独立系女子のための五百田ゼミのレポートの続きです。

前回、参加者からあがった質問に丁寧に応えてくださった

五百田さん。




今回は私の質問した内容について、ピックアップしてお伝えしようと思います。


五百田さんの独立のお話を聞く中で、3人のメンターがいたという

お話がでました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Q.その3人はどういう経緯で五百田さんにとってのメンターになったのですか?

なぜその3人だったのですか?



A.ひとりの方は

「独立したからには会社員時代より稼がないと意味がない」

のイメージを良い意味で壊してくれたし、

仕事と稼ぐことに対しての価値観を考えさせてくれた。



ふたりめの方は

自分の仕事をしていることそのものが何より幸せだった。

好きなことを仕事にしている方の見本だった。


さんにんめの方は

五百田さんにとってアドバイスと叱咤激励をしてくれるフリーランスのセンパイ的存在。

その方は自分がいる、仕事をする空間へのこだわりが強かった。


3人とも、その価値観に至った根源の思いがあり

五百田さんもその中で共感する部分や考えを比較していく中で

自分の基準がだんだんと決まり、

自分がなぜフリーランスとして仕事をするのがいいのか?

収入は自分にどれくらいあれば幸せか?

仕事をする上で大事にしたい価値観は何か?

が決まっていったそうです。



五百田さんがそういった価値観を決める上でやっていたことが

自分にとって大事にしている価値観、仕事観を書き出す

ということ。


メンターの話を聞き、自分の大切な価値観を書き出し、

気持ちを新たにし、迷ったときは書き出したことを見直し、

というのを繰り返していくことを積み重ねて

ぶれなくなっていったそうです。


私はこのお話をきいて、ここまで五百田さんが応えてくれたことが

とても感激でしたし、さっそく私も書き出すこと、早速やってみよう!

と思いました。



と、こんな感じで参加者の感想と質問に丁寧に応えてくださったからこそ

濃い~内容になったのだと思います!

次のテーマも五百田さんならではの

エピソードが聞ける内容になると思います!

次回は、参加者さまからいただいた感想を

書きたいと思います♪


***********************

メンターが必要な理由は自分のフリーランスの働き方の

価値観の軸をつくるため


LINNA
miki ishibashi





ベストセラー作家の独立ストーリー~独立系女子のための五百田ゼミレポート1~

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。

前回の記事では夫へのうまい不満の伝え方について、

私が実践して効果があった方法をお伝えしました。


日曜日に、私自身待ちにまった「独立系女子のための五百田ゼミ」

の第1回が開催されました!



学びがとっても多かったので、2か3回(テキトーだな笑)

に分けてお伝えしたいと思います。

そもそも今回なんでこの五百田ゼミが立ち上がったかというお話から。


私自身が五百田達成さんと初めてお会いしたのは

去年の9月の五百田ゼミでのこと。


もともと五百田さんの著書「察しない男、説明しない女」が好きだったのですが

その回の内容は五百田さんが出版される予定の本の内容

兄弟コミュニケーションについて学べることに興味をもち

参加したのでした。


(現在出版され、とても売れているようです!)


その後、五百田さんとお会いして話をする中で

五百田さんがフリーランス10年という節目を迎えるにあたり

これまでの経験をシェアし、自分自身の立ち上げた想いなどを振り返りつつ

会社員以外の道=フリーランス・自営業で食べていこうとする人たちの

多様な働き方を応援する集いもやっていきたいというお話をきいて

「え!それ私聞きたいです!」となり。


で、私自身五百田さんとお話していてフランクで気さくな雰囲気が、

堅苦しくセミナー!というかたちよりも、少人数でお茶だったり

食事をしながらの方が楽しくなりそう!

とどんどん話が盛り上がり、

アレヨアレヨという間に開催となったのでした。


今後もほぼ毎月開催をしていく予定ですので、

ご都合が合う方はぜひお越しいただければと思います。



前置きが長くなりましたが早速本題に入りたいと思います。



今回の開催場所は恵比寿のアトレ西館にあるシロノニワ。

アトレの上にこんな素敵な広いレストランがあるなんて

知らなかった~!


(あまりに興奮して写真をとるのを忘れてしまったため汗、

シロノニワのお店情報から画像お借りしました)


まずはせっかく少人数なので、お互い仲良くなれたらと

参加者の自己紹介から。

お話していただく内容に

「いまやっているお仕事」、「今日聞いてみたいこと」を

お願いしたのですが、すでにみなさんの今のお仕事への

想いや不安な気持ちなんかも垣間見れて

一気に親近感がわきました。




そして、さっそく五百田さんのお話に。

自己紹介もかねて、これまでのキャリアから独立、現在に至るまでの

お話を初めてくださいました。


・幼少期に描いた想いから入ったはじめの会社での経験、

大企業への転職を経てなぜ独立しようと考えたのか?


・33歳で独立を決意、36歳の誕生日がくるまでドキドキだった理由

・独立当初に思い描いていたビジョンは…

・独立を決めてからの会社を辞めるまでの仕事の取り組み方

・いざ独立!でも不安はあり続け…そのマインドとどう向き合ったか?


五百田さんがその当時抱えていた想いやぶっちゃけ話もあり

爆笑や、うなる場面もしばしば。



その後、みなさんから感想がてら、聞きたいことも直に聞いていく展開に。


================

・肩書きや自分の仕事内容の変化やその時々の試行錯誤

・五百田さんのフリーランスの価値観を作ってくれた
3人のメンターの存在と、どうしてその3人だったのか?

・フリーなら兼業スタイルでもよかったのでは?それでもこうなりたいという想い

・フリーランスを選択する上で最も大事な資産

・自分の軸をつくるのに必要な2つの視点

・迷ったときの五百田さんの判断基準

・周りの反応はもちろん様々。それにどう対処したか?etc…

================

五百田さん、全部親身に応えてくれる姿勢に改めて感動。


参加者の方も、今の自分の不安や葛藤も率直に出すことで

本当にリアルな想いをシェアできたのではないかと思います。


私は今回、

・五百田さんのフリーランスの価値観を作ってくれた
3人のメンターの存在と、どうしてその3人だったのか?


を質問し、とても勉強になったので

次回はその話を詳しくお伝えしようと思います!



*****************************
独立系女子のための五百田ゼミは

日曜日に開催しています!


LINNA
miki ishibashi

夫へのうまい不満の伝え方

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザー石橋美樹です。

前回の記事では夫にイライラする本当の理由はなんなのか?

について考えてみました。



コミュニケーション編続きますが、続きを書きたいので書きます。


でもイライラしている状態で伝えると

散々な結果になるのは目に見えており

夫のテンションをさらに落とすのは目に見えています。


私なんかはむしろもやもやした気持ちを留められず

すぐ言ってしまうタイプで

「もっと仏のような心があったら…」と

「いやでも夫が悪いし」を

メトロノームのように行ったり来たりしてたこともありました。



今もまだイラっとした気持ちをそのままぶつけることも

ありますが、実践してきて効果を感じた伝え方をお伝えします。


大事なポイントは

イライラを伝えないことに集中する

自分の感情をそのまま伝える


ことです。


例にあげてみます。


翌朝起きて、キッチンのシンクに昨日の夜夫が食べた夕飯の

食器がそのまま残っていました。

(我が家ではちょくちょくある事例)



それまではその食器の状態をみた瞬間

頭の中のゴングがカーンっと鳴り

「食器が置きっぱなしだけど。自分の食器くらい自分で洗ってよね

と鬼嫁度レベル5ぐらいまで上がってました。


これを全て変えるのは私には難しかったので、以下のように変えました。

「食器がまた置きっ放しだったよ。朝起きてあれ見るとすごく悲しくなるんだよね。

鬼嫁レベル…2ぐらいまで落ちたか?


以前の記事でも書いた通り、

イライラや怒りの感情って2番目に起きる感情なんですよね。

これは以前グリーフケアを学んだ時に知ったのですが

よくよく考えてみればそうですよね。



◯食器が置いてあった

◯1番に感じる感情:

せっかく頑張って食事作って準備したのに

夫の思いやりのない行動や態度にガッカリまたは悲しい

◯2番目に感じる感情:

だんだんなんでそんなことをしたのかを考えると

ふつふつと怒りやイライラがこみ上げてくる


だいたいこんな流れだと思います。



それで、イライラを溜め込んでる場合

1→2番へのスイッチの切り替えがどんどん早くなってしまって

最初に感じた悲しい気持ちなんかは吹っ飛んでしまうのも

イライラを溜め込むのがよくない別の理由かと思います。



これは1番最初の感情の感じ方が鈍くなっているので

ここを感じるように意識します。

そして、それを伝えるようにします。


とはいえ、私もなかなか前から言ってるくせが抜けず

まず「食器置いてあったよ」と伝えますが

以前より自分の感じてることに意識しているからか

そこにイライラがだいぶ乗らなくなりました。

完璧にはいかないけど、一歩ずつですね。


それでですね、夫は黙々とやってくれています。

ちなみに、今でも思ってますが本当は夜片付けてほしいんですが、

夜片付けるのはどうしてもやってもらうようには

なりませんでした。


でも出かける前には片付けてくれるようになったので

伝え方を私もいっこ改善できれば、

夫もいっこずつ改善してる感じかな。という印象です。


すごい進捗報告みたいな内容になりました(笑)


*****************************

自分の感情ってイライラのせいで

意外と鈍感になってしまっているので要注意



LINNA
miki ishibashi