こどもも大人も出し入れがラクなキッチン収納用品

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザー石橋美樹です。

前回の記事では仕事のできる人に共通する習慣の身につけ方についてお話しました。

今回はオーガナイズ編です。

今の新居になってもうすぐ1年。

我が家のキッチンは既存の食器棚でなく

可動だなですが、レイアウトや収納用品を考え抜いて

配置できてよかったなと思います。


今日はそのひとつを紹介します。

カインズのキャリコGってご存知ですか?

キャリコは蓋つきのスタッキングボックスで、

キャリコGは上からと横から出し入れ可能な

スタッキングボックスです。

最初はキャリコの方で黒系の色を探してたんですが

廃番になってしまったようで

グレーであるキャリコGを購入しました。

結果、こっちでよかった(笑)




設置高さはゴミ箱の上の70~90センチのところに

おき、左から

こどものマグ&お箸セット入れ

調味料

サプリ系


で入れています。

ちなみに、ざっくり収納がモットーの私ですので

みたまんまざっくり入っております(笑)


まずキャリコG自体がとっても軽いので

出し入れがとってもスムーズ。


で、大人は俯瞰でみれる立った状態で入れられます。


そして、こどもにとっては目線の高さで横から

手を突っ込んでとれるので

お茶が飲みたいときは勝手に

そこから持っていきます。

これをアレンジしてゆくゆくは自分の食器なども

お願いしたいかなと思いつつ

ひとつずつ癖がついていけばいいかなとも思っています。

調味料やサプリは上から見えるし

横からは残量や銘柄が一目瞭然。



スカポコいれてもなんとなく収まっている感じが

でるのも私としてはとってもラクです。



全体像はこんな感じ

私のオーガナイズ編は「ラク」ワード連発で

申し訳ありませんが(笑)

わたしにとって

片付けとはきれいにすることでなくラクになることである

という価値観がびっしりできてしまっているので

今後もお付き合いいただければと思います。


********************
取り出しやすさと見える化が両立の

キャリコG、バンザイ!!


LINNA
miki ishibashi