2017年1月25日

夫の服のぬぎっぱなしを防ぐ方法(ついでに私とこどもも)

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザー石橋美樹です。


前回の記事までは独立系女子のための五百田ゼミのレポート

3回に分けて書かせていただきました!


今回は久しぶりにオーガナイズ編です。



我が家では主として夫がぱなし現象を起こすことが多いですが、

こどもたち、そして私もやることは多々あります(爆)


これは以前の記事(夫のカバンの置き場所はどこか)にも書きましたが

男性(特に少年気質の外見大人だけど実際は家の中で長男ってだけの人)

は欲求に素直で帰ってきたら

足跡のようにかばんを起き、靴下をぬぎ、

置ける場所であればどこでも!

なにも考えることもなく!

ぱなしを発生させるわけです!YEAH!

(ここ最近変なテンションがちらつきますね)



私なんかは優しくないほうなので、

それをやってたらあえてずーっと放置してることもあったのですが

男性は家にいる時間が他の家族より短いことも多いわけで。

それがテンプレートになったらたまったもんじゃないですよね。


ということで、我が家でのぬぎっぱなし解決策をお伝えします。



それは


夫が帰ってきて部屋着に着替えるまでの間で

とどまる場所に洗濯物カゴ(脱いだ靴下)を置く


ことです。



優先すべきは夫です。


なぜならこどもたちは脱いだその瞬間を

私たちが目にすることができ、習慣化するまで

「脱いだ服入れにいれて~」を指示できます。


嫁はルールを作った人間なので

そこにいれることを意識して続ければいいだけです。


片付けというのは、しくみを作って、それが浸透するまで

管理やフォローをすることが大切だと思っています。

(そのために良質な夫婦コミュニケーションが必要であるというわけです)

チーム戦なんです(だれと戦ってる)。



夫の場合は仕事の帰りが遅かったりして

会えないと、それをずっとつきっきりでフォローは

できません。


だから、一番夫の行動範囲に一番近く目につくとこに配置し

脱いだ瞬間に「ここが置き場所」とわからせるように

することが大切なんですね。



ということで我が家のその場所はどこかというと




あのカゴです。


以前もお伝えした通り、我が家では

リビングに入ってすぐのところにクロークがあり

カバンとアウターをそこでぬぎます。


なので、そこでくつしたのぬぎ場所も確保しました。



簡易的だし、リビングに洗濯かごがひとつおかれてるわけですが

こどもがお風呂上がりにぬれたタオルや

上の子がたまにおねしょをしてぬれたパンツや

パジャマなんかをこどもたちにいれてとお願いをし、


カゴごと持って洗濯機置き場にいけばOK!!


これはどこがいいかは家の間取りや

動く流れによって違うと思いますが

リビングにひとつ置いたことで

私はとってもラクになりました~。


実はぬぎっぱなしや置きっ放し、私もよくやってましたので(でへ)

ぜひぜひおすすめです♪


**********************

夫のぬぎっぱなし、おきっぱなしを防ぐには

脱ぐその瞬間に置く場所が明確であることが重要



LINNA
miki ishibashi






参加者さまの感想~独立系女子のための五百田ゼミレポート3~

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター・ライフオーガナイザーの石橋美樹です。


前回からの独立系女子のための五百田ゼミのレポートパート3です。

(昨日TBSのその差ってなんですか?!に出演されてましたね!)


余談ですがシロノニワのお食事とってもおいしかったです!

食べ放題のパンは美味しすぎました。


第1回五百田ゼミに参加してくださった方からの

感想を一部ですが載せさせていただきます!

==================

「美樹さん主催ゼミなら面白いかも」と

軽い?気持ちで参加させて頂きましたが、

五百田さんの気さくなお人柄と様々な環境下にある皆さんのお話を伺って、

気づくこと、考えさせられることがたくさんあり、いい刺激を受けました。

またぜひ!お声掛けください!


====================

今日はありがとうございました。

起業とか独立はまだ先。。。と思って、

ちょっとハードル高いかな?と思って焦ってました。

しかし、実際、五百田先生のお話や皆さんのお話が刺激的で、

参加して良かったです。

今後、どんどん新しい事に

チャレンジしていくためにも、また参加したいです。

よろしくお願いします!

================

本日はこのような機会を作って

いただきありがとうございました?

五百田さんのリアルな独立ストーリーが聞けて、

自分の将来についてもさらに前向きに捉えられました。

次回開催も楽しみにしています!!!!

====================

五百田さんの実体験とそれぞれのときの心境をきけたこと、

そして穏やかで様々な考えを受け入れてくれる雰囲気のおかげで、

みなさんからも色々なお話がきけてとても勉強になりましたo(^▽^)o

来月からがますます楽しみです?

今後ともよろしくお願いします(^^)

===============

五百田さんのカッコつけない

起業ストーリートークがたのし過ぎで(∩?o?∩)?()

皆さんも 温かい雰囲気で?

たくさんの学びと 出会いに感謝いたします!

またお誘いいただけると嬉しいです。

====================

中には参加した記事を投稿したら

お客様の申し込みが2件はいってました!

なんて言う声もいただきました。


皆様本当にありがとうございました!




次回詳細を近々あげさせていただきますので

機会が合いましたらぜひご参加ください!


************************

独立系女子のための五百田ゼミ

月1 日曜のお昼に開催です!




LINNA
miki ishibashi