2017年2月2日

子供が体調不良のときの、夫の対応を決めるもの

家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフトリビング 石橋美樹です。

前回の記事では新しくたてたコンセプト

「夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ」についてと
今後についてちらっとお話ししました。


さて、今日は月曜から起こった3人のこどもたちの体調不良と

私、夫のやりとりを報告(笑)します。


月曜日:保育園お迎え時はなんともなかった次男坊が帰宅してから39度まで発熱。

火曜日:次男坊保育園休み。長男保育園帰宅後、せきをしていることもあり
ふたりまとめて病院にいく。長女下痢のためオムツかぶれが急にひどくなる。
その夜長男発熱。

水曜日:長男次男休み。私も土曜日からずっと痛かった左手人差し指が激痛に達し
長女のかぶれをみてもらうのも兼ねて午前中皮膚科に行くことに。


月曜日から次男坊機嫌ムラっ気ゾーン(機嫌よくなったり悪くなったり)に

突入し、夜中も交代で起きつつ寝不足が続いていた私と夫。


機嫌いい時はソファを飛び跳ね…




と思ったらちょびっとの気に入らないことで泣き出す(チーン)

火曜日も次男絶賛ムラっ気ゾーンだったこと

そして私自身、結果的にはひょうそうという指にばい菌が入って

膿んでしまう症状だったので、

ズキズキしてうまく仕事との切り替えができず

メンタル的にもけっこう辛くなっていました。

(指の傷をなめたらあかーん)


このままだと上2人が体調不良によりどちらも休み、

そして長女が機嫌がイマイチになる可能性、

私の指がさらにひどくなる可能性がある。


ということで、一度火曜夜に夫にこれまでの経緯を話し

「明日お休みできないか」

と相談をもちかけます。


しかしその時は

「明日の締め切りの仕事があるので

無理だな~」という回答でした。


当然私がっくり。


そのまま起きたり寝たりを繰り返し

朝になったところで

ダメ元でもう一度伝えてみました。


すると、

午前休(というか私と長女が病院に行って戻ってくるまで)

であれば大丈夫とのOKがでました。


この時の私のホッと具合ったらありませんでした(笑)


そして、朝の身支度や、病院を終え帰ってきたら

洗濯、食器洗い(食洗機に入れる)、部屋の片付けなどを

全て終わらせてくれていて、さらに救われ、

でるわでるわ夫へのありがとうの言葉が(笑)


そして

今日も頑張れる!

と思ったのでした。


このことでの教訓は3つ。

ひとつめは、

小出し、早め、とりあえず言ってみる。

そしたらなんだかんだ現状を見てくれる。


育休中だからとから

夫が仕事が大変そうだからとか

自分がちゃんとできてないとか

そんなもんは置いといて、

最悪を想定し

とにかく現状報告(あくまで現状報告があっての相談)



をする。これが大事かなと思います。


ギリギリまで言わないのは例えば

新人が「えっそれなんで今まで言わなかったの」

と会社の全員が思い、やっちゃったことを

みんなでフォローするのと同じようなものなわけです(笑)


ふたつめは、やばいことは一回でなく

数回伝える(笑)。


わかってもらうまで伝えるって

やっぱり大切なことだとしみじみ。


じゃないと、まわらないんですよねー!ほんとにー!!


夫の仕事は、たぶん私たちの夫なので

ちゃんと本人でリカバリーしてくれるだろうと

考えすぎない。


というかそこ心配しすぎたら

むしろ夫に失礼。


みっつめは緊急事態に臨機応変に対応を

お互いにするには、やはり

日頃からの信頼関係を積む

ことが大切である。


本当に仕事と一緒だと思います。

その先に見るものは家族の場合は

家族が幸せに過ごせているかどうかだし

夫も私もそのために仕事をしている。


と、改めてありがたさを感じたここ数日のできごとでした。


インフルエンザも含め、体調不良シーズンですが

みんなで乗り切りたいですね!!


**************************
子供の体調不良の時に試されるのは

妻の夫への信頼力



ライフシフトリビング
石橋美樹