2017年2月20日

夫や子供が家事をやらずにはいられなくなる「しかけ」の考え方

家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビングの石橋美樹です。

前回の記事では夫の趣味になんでイライラしてしまうのかの

メカニズムと、それの解決方法についてお話ししました。


私は「北欧、暮らし道具店」がだーいすきで、

気がつくと家の中も北欧、暮らし道具店で買った

アイテムがどんどこ増えております。


その中のひとつがこちらのフォールディングステップです。



ようは脚立なんですが(笑)、

最初の購入動機は、昔から洗面所やキッチンで使う

小さい台を青色のプラスチックのものを使ってたんですね。

(もう捨ててしまったので画像がなくて残念ですが、よくあるやつです)


それがインテリアにマッチしないし、次男坊もそろそろ使うだろうから

変えたいな~って思ってたんですね。


そしたらあらわれてくれたこのアイテムは、

しばらく入荷待ちした後に購入できた念願のものです。



キッチンと洗面所用で2こ買ったのですが、

いや~便利すぎる!


機能面での良さは色々あるのですが

この脚立の最大にして最強の魅力は

軽さ

だと思います。



子供でも簡単に持ってこれて、ゴムで角が覆われてるから

子供がちょっと乱暴においても傷になるなどの心配がないのです。



次男坊2歳なので手伝いたいし、にーにの真似したいお年頃なので

並んでキッチンにたつよね~。




長男は野菜を切り、

水はとびちったけど、次男坊もお皿洗いよくできました♪



これは夫が勝手に家事をやってくれる

ことにも十分応用できるお話です。



男性にとって

「すぐその行動(家事)ができる」

つまり機能的であるかどうかということはとても重要で

例えば夫に担当してもらいたい掃除の用具は

ぱっと手に取れる位置においてあるか?

を考えて配置するだけで全然ちがってきます。


夫ももともとキッチンにたつほうなので、

息子たちもキッチン男子にどんどん育ってもらいたいと思います♪


************************
男性は行動においてせっかちだととらえて

早くその行動に移れるようなしかけをする


ライフシフト・リビング
石橋美樹