2017年6月29日

居心地のいいリビングにするために避けては通れない道

家族の幸せリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビング 石橋美樹です。

=======================

ライフシフト・リビング1DAY講座

過去開催した講座はおかげさまで満席となりました!

お申し込みいただきありがとうございます。

追加日程が決定しました。
7月6日(木)10:30~13:30(残席1名)
7月24(月)10:30~13:30

残念ながら日程があわない場合は、追加日程を優先案内させていただきます。
お申込はこちらから↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=======================

前回の記事ではダンナ様とケンカをする前にあることを
するだけで良い夫婦ゲンカに変わるというお話でした。


先週はオーガナイズ作業が立て続けにあり、
私自身もお客様もモノとリビングに向き合いました。


そのお一人が、ライフシフト・リビング3ヶ月プランを受けられている
てづくりばくちゃんこと久場和代さん。

和代さんはライフシフト・リビングの講座も先日受けていて、
ブログにもとってもわかりやすくまとめてくれました。

和代さんが描いてくれた講座の様子はこちら↓
http://ameblo.jp/hkazuyo1019/entry-12286091777.html


それで、今回はキッチンのオーガナイズ。


ライフオーガナイザー仲間の関口晶子ちゃんにも
サポートパートナーとして入ってもらって、
そりゃもうがっつりやりました。


何をがっつりやるかというと、

モノと向き合う作業です。


出してみると、和代さん自身も思った以上の量の食器たちや食材たち。


《多いか少ないかも、ご本人の気持ちでいいのです。》

そこで私は、一通り分けてもらった後
和代さんによりそいながら、伺うんです。


「これの好きってどれくらい?」

「この食器はなんで好きなんですか?」

「和代さんの《よく使う》はどれくらいの頻度?」



などなど、
和代さんから出てくる口グセに近いワードを聞きながら

和代さんにとっての「好き」という感覚を
シンプルそぎ落としていく感じです。

(和代さんの場合は「好き」の感覚ですが、人によって
これは変わってきます。)


便利
よく使う
こどもたちが好き
用途に合ってる



普段生活していると
このようなワードも「好き」の部類と混ざってくる場合があります。


それでも、別にいい場合はあります。


混在してても居心地のいい空間が作れていると
心から思って入れれば、それでいいわけです。


私は和代さんからきくリビングへの想い、家族との関わり、
講座編で描いているリビングを見たり聞いたりしているので


その道が繋がってるか?

を和代さん自身の心に確認してもらっているような感じです。


和代さんは「即答好き」があり、仕分けるときもすぐ分けるし
みてるだけで笑顔になる食器というのが間違いなくありました。


「好き」に優先順位をつける

「そうでもない」に優先順位をつける



モノが収まってなくて、それがストレスになってるんだとしたら
これをやってく必要があります。


《Before》モノがあふれてしまって、
たまる→やるのが億劫になる→たまるの悪循環。




《After》和代さんの使いやすく、
置かれるべきところに配置されすっきりしたキッチン。



自分の中のアイマイさをはっきり区別することは
やっぱりパワーを使うと思います。



でもその先にまってるものは
間違いなく好きのつまった、
居心地の良いリビングになるんだと


自分自身の経験も含めて心から思います。


なので、大変な時も一緒にがんばろう!と
固く決めたのでした。

***************************

しんどいこともあるけど、絶対に居心地良い
リビングにしようね!


****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

追加日程決定!
7月6日(木)10:30~13:30
7月24日(月)10:30~13:30

残念ながら日程があわない場合は、追加日程を優先案内させていただきます。
お申込はこちらから↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=====================

ライフシフト・リビング
石橋美樹