仕事ややりたいことがはかどるリビングの条件

家族の幸せリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビングの石橋美樹です。

前回の記事では夫の片づけにおける性質のひとつについて
お伝えしました。


今日は仕事ややりたいことがはかどる
リビングについてのお話です。


私は個人で仕事をしているので
ブログを書いたり事務作業をしたりするときは
リビングのダイニングテーブルで仕事をしています。



本当は私にとってリビングはくつろぎ空間なので
別部屋があるのが理想ですが

現実問題部屋数がたりませんので(笑)
ダイニングスペースでやっていて

図書館で勉強がはかどるタイプなので
どうしても集中できないときは
近くの珈琲屋さんに行ったりします。


みなさんもあるあるでしょうか(^^)


私は、このときに少なくとも
テーブルに座って視界に入る部分は整い、
好きなものしかない状態で仕事をします。


これは後ろの棚が散らかってる場合があるので(笑)、
最低ラインでというところなんですが。


空間の中の空気やエネルギーは、
いつもお伝えしている通り
人がかわす会話や雰囲気でも変わりますし


別の側面では
選んだモノそのものにも宿ります。



例えば値段は関係なく

好きなモノや厳選したモノだけの空間になれば
その空間は「好きが詰まった空間」になる。


でも、

とりあえず買ったモノ
気がつくと溜まってしまうモノ
もはや好きじゃないモノ
むしろ見るたびに「これはいらないよな~」と思うモノ
つい捨てられずにいるモノ

↑を見てもらってわかる通り、
これらが混在しているだけで
すでにいろんな感情があり


これは確実に「気が散る」のです。


これは注意力が散漫になるというよりも
私たちが持っている集中力ややる「気」を
分散させてしまっているという感覚です。


この散り散りになってる「気」、
とってももったいないんですよね。


脳みそはあるひとつのことを考えると
そのことに意識が向きだします。


例えばよく知られる「グッドアンドニュー」。

24時間以内にあったよかったことや新しく始めたことを
シェアすると、
脳がいいことと新しくチャレンジすることに意識が向く。


同じように、好きなモノや厳選したモノの、
集中しやすい環境にいると


エネルギーがあがるので
必然と仕事にも集中できます。


いろんな感情のモノが置かれて
「気が散りやすい」状態の空間にいると


せっかくの自分のエネルギーが仕事ややりたいことに
向けられずだだもれです。


毎日ただ過ごしてるだけで自分のエネルギーを
ムダに使っているのはとってももったいないですよね。


といいつつ、私も全然できてないときたくさんあるんですけどね(笑)

どうやっても片づける意欲が湧かないときは近所に行きますしね。


でも、
仕事がしやすい環境を作るためのルートを
自分でわかっています。


それがあるだけで自分の気持ちも全然違います。


片づけが苦手な人こそ
このしくみやルートをもっていて欲しいです。
毎日がとってもラクになります。

家族にとって居心地のいいリビングであり、
私にとっては大事な仕事場である。


だからこそ重要な場所なんですね~!


***************************


自分で理想の仕事場をリビングに
いつでも作れるのがとっても大事



****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

追加日程決定!!
8月18日(金)10:30~13:30(南浦和)
8月20(日)10:30~13:30(新宿)

受付終了!!

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

ご参加いただいたお客様からは
「だんなへすぐできる対応がわかった!」
「しくみをつくるってこういうことだとわかった!」
「自分やこどものぬぎっぱなしも解決できそうです!」
と続々と変化の声をいただいています。


今後の開催は未定ですが、個別でのお問い合わせを受け付けております。
お悩みを相談したい!ライフシフト・リビングについて知りたい方、
優先案内を受け取りたい方はこちらからお申し込みください。↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=======================


ライフシフト・リビング
石橋美樹