辛いって夫にいうのもけっこう勇気がいる

家族の幸せリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビングの石橋美樹です。


前回の記事では夫の会話が1日あたり30分以下だったら
考えておいたほうがいいことについてお伝えしました。



8月の末くらいから、末娘が体調イマイチなんですね。
発熱、お腹の風邪、末娘はまた発熱。


本人元気なこともあって、日中はいいんだけど
夜がま~大変で!!

この世の終わりの泣き方で、
21時くらいに寝初めて、熱があるときは

1~2時間おきくらいに起きるんですよ。


長男のときの修行でなんとか
心は無になるのは慣れたつもりだったが

正直2時半ごろのは
「寝ろ~!!!寝てくれ~!!!!」
と思う。


最近は夫と私で5時から6時ごろから
末娘と散歩にいきます。(末娘のナビゲートによって)


長男のときに完全に夫をスパルタトレーニングして
夜泣き付き合ってもらうようにしてるので
気持ちが楽です。


当時は夜中長男がギャンギャン泣いていても
まったくおきない夫にもはや殺意レベルのいらつきで


最初のころは「旦那の方が仕事大変だしな」とか
まわりからも「日頃やってくれるんだから寝かしてあげなよ」
みたいな感じだったので


起こすのを我慢して、
リビングに行って泣き止むのを待ってたけど


いっこうに泣きやまないので
我慢の限界がきたので

夫を爆裂な勢いで起こすことにした。


夫からしたら
まさしく鬼のような形相であったであろう嫁から
起こされ寝ぼけ眼で抱っこのバトンタッチ。


私の母や父からしたら「とんでも嫁」だったと思うけど
だってできないんだもん。


夫も眠かったと思うが、私も眠い。疲れる。
そしたら鬼の形相で起こすことに決めた。

夫に後から聞くと、
「そんなに大変なの知らなかった」っていうんだもんさ。
伝わるってホント大変だわ~。

今はすっかりパッと起きてくれて
お互い同じくらいの割合で夜を交代できる。

本当に本当にありがたや~。


末娘のことを見ながら、昔のことを思い出したのでした。


***************************


辛かったら辛いと言うのも大事だし、
だけど伝えることもパワーはいる



****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

ご参加いただいたお客様からは
「だんなへすぐできる対応がわかった!」
「しくみをつくるってこういうことだとわかった!」
「自分やこどものぬぎっぱなしも解決できそうです!」
と続々と変化の声をいただいています。


現在10月末まで本プランのお申し込みで満席となっており
新規の受付はお待ちいただいている状態のため
1DAY講座の開催は未定となっております。

開催のご要望をたくさんいただいておりますので
決まり次第ブログにてご案内いたします。


すぐにお悩みを相談したい!ライフシフト・リビングの内容を知りたい!
という方はこちらから「個別相談」をお申し込みください。↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=======================


ライフシフト・リビング
石橋美樹