2017年9月26日

夫に家事育児をまかせきれなくてイラッとする理由

家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビングの石橋美樹です。


前回の記事では家族の未来の幸せをつくるために
今からできることについてお伝えしました。

今回は、コミュニケーション編。

夫への家事育児の任せ方についてお伝えします。

この話は、そもそもなぜ夫に家事育児を任せると
イライラするのか?を考えてみたいと思います。




夫が家事育児をやることにおいて
イライラすることのひとつに

・お願いしたけど中途半端だった

・仕上がりに不満足


というのがあると思いますが


要は

ひとつの仕事をお願いしても
手放しできないからいらっとくる


んですよね。


これを解決する方法として意外と伝えていないのがこれです。

ひとつの仕事の完了がどこまでかを把握してもらった上で
やってほしいことをお願いする




これはこどもにも同じように言えることで
わかりやすいようにこどものお手伝いを例にあげてみます。


まず、「お風呂掃除おねがーい」って言ったときに
自分の最終着地が「おふろがわくところ」まで
だったとします。


なんだけど、こどもに、お風呂掃除のやり方を教えて

水をぬく
浴槽の中をブラシで洗う
シャワーで洗い流す

までやって、

栓をしめる
お風呂ボタンを押す

まであることをわかってもらっているか?


お風呂ボタンを押すまでがきちんとできるようになったら
チェックする頻度が毎日ではなくて
どんどん頻度がへるから楽になる。

ここまでが業務完了に本当はしたいんだけど、
意外と浴槽を洗い流すまでしか伝えてないから
終わったら必ずチェックしなくてはならない。

夫にも全く同じことがいえます。


そうしないと
こっちがやってほしい領域までやってもらってないのに

夫は「俺はちゃんとやってるぞ」とドヤ顔になるし
妻は「そこまででこの仕事終わったと思うなよ(鬼)」

となるわけです。


過去の私がそうだったので~(汗)


よく具体的に指示出しをするとありますが
オフモードで家では何も考えてない夫には
こっちがどれくらい実はやってるかなんて
驚くほどわかってないので


ひとつの仕事のゴール地点はどこなのか?
その上で今はどこまでをお願いしたいのか?


を明確に伝えると
任せきれる家事育児業務がどんどん増えてきます。


***************************


オフモードの夫に仕事を家事育児の仕事を
まかせきりたいなら
ゴール地点を明確に伝える



****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

ご参加いただいたお客様からは
「だんなへすぐできる対応がわかった!」
「しくみをつくるってこういうことだとわかった!」
「自分やこどものぬぎっぱなしも解決できそうです!」
と続々と変化の声をいただいています。


現在10月末まで本プランのお申し込みで満席となっており
新規の受付はお待ちいただいている状態のため
1DAY講座の開催は未定となっております。

開催のご要望をたくさんいただいておりますので
決まり次第ブログにてご案内いたします。


すぐにお悩みを相談したい!ライフシフト・リビングの内容を知りたい!
という方はこちらから「個別相談」をお申し込みください。↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=======================


ライフシフト・リビング
石橋美樹