自分の理想の働き方をつかみとるために必要不可欠なもの

家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビングの石橋美樹です。

前回の記事では夫の家事育児分担に不満を感じたらやること
についてお伝えしました。


今日は、五百田ゼミを開催しました。

その際に、五百田さんのご友人で
(株)WARIS代表の
田中美和さんが参加してくださいました。



《五百田さんの隣が田中さん、お顔小さいからか五百田さんとの距離感を感じる》


今回のテーマが開催半年を経ての成果発表会だったので
お互いの自己紹介をしながら、

田中さんからWARISというサイトについてや
フリーランス事情、
フリーになってどこを相手に仕事をしていくか?
などについてお話いただきました。


田中さんが運営されているサイトWARIS
文系総合職女子がメインで登録されていて

人事、労務、法務などのお仕事をされている方を中心に
登録者数4000名、企業さまが300社。
個人と個人、企業と個人をつなぐ役割をされているとのこと。


確かにこれまで、フリーになるというのは
事務職系のキャリアをやめて、
自分の好きなことをやるとなると

リセットという意味合いも
大きくなってしまっている気がしましたが

五百田ゼミでも時々テーマになっていた
ライフワークとライスワークのバランスをとる上で

フリーランスという形態をとりながら
自分のこれまでのキャリアを生かしつつ
自分のやりたい仕事のキャリアをコツコツ積んでいける

文系だと特にこれって
ありそうであまりなかったよなと思います。


もちろん、派遣で働くとか、非正規雇用も
これまでいろいろありましたが

日本は特に正規雇用が一番いいという思い込みが
根付いていて

自ら非正規雇用を選んでいる人が
正社員になることがいいだろうという
会社側からの空気をかわすのが大変だった(笑)
という話もでました。


今回のゼミを通して感じたのは

本当に働き方はどんどん多様化していく

ということ。


このタイミングでやりたいことを
模索するのはとっても意義があり

これまでの働き方にとらわれないようにするには

様々な働き方の選択肢があることを学ぶ必要がある

と思いました。


日本は働き手が少ないのでこれから
女性はどんどん担ぎ出されることになると思います。


それを自分がコントロールするのか?
それとも、その波にのまれて選択肢を限定していまうのか?


これもやっぱり自分次第だと思いました。



田中さんはとっても素敵でまたお会いして
もっとお話を聞きたいと思ってしまう!!

とってもいいご縁を繋いでいただきました。


ご参加のみなさま、楽しい時間をありがとうございました!


そして、五百田ゼミは9ヶ月間の開催を経て
休憩をとることになりました!


私自身とても楽しい時間で
常連参加の方がさみしいさみしいを連発してくださり(嬉)


またぜひ開催の際は
ご案内していきますので
楽しみにしていてください!!

************************

自分の働き方を決めるのは自分。
自分でコントロールするには、それに必要な情報を
主体的にとっていく!


****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

ご参加いただいたお客様からは
「だんなへすぐできる対応がわかった!」
「しくみをつくるってこういうことだとわかった!」
「自分やこどものぬぎっぱなしも解決できそうです!」
と続々と変化の声をいただいています。


現在10月末まで本プランのお申し込みで満席となっており
新規の受付はお待ちいただいている状態のため
1DAY講座の開催は未定となっております。

開催のご要望をたくさんいただいておりますので
決まり次第ブログにてご案内いたします。


すぐにお悩みを相談したい!ライフシフト・リビングの内容を知りたい!
という方はこちらから「個別相談」をお申し込みください。↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=======================


ライフシフト・リビング
石橋美樹