運動会の衣装づくりで感じた夫の重要な仕事

家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビングの石橋美樹です。


先日、下のこどもたちの運動会がありました。

とってもいいお天気で爽やかだったんですが
むしろ暑いぐらいで(笑)


でもとっても楽しくすごせました。


そんな中で、毎年運動会の恒例のもの。
それが衣装づくり!!

うちの園は毎年衣装の依頼が
個人的にはすごく負担になるようなものを
作らなくてはならず


今年はベストと半ズボン。



《サテン生地っていうのもさらにぬいづらくていや(汗)》

なかなかタイトなタイムスケジュールの中
依頼がくるので、


外注するタイミングもとれず
(服的なものを作るレベルなのに
1回着たら終わりっていうのもめっちゃテンション下がる)

締め切り間際でがっとやるのが定番なんですが。




今年は夫と完全分業をして完成させました。

夫がミシン担当。
私がそれ以外のしつけや始末など。


ミシンって得意な人からすると
こんな分業する方が効率悪いと感じそうだけど


私はとってもいろんな意味で楽でした。



《大きくなったらこどもたちに見せるのが楽しみな証拠写真》

衣装作りって、マチ針うつ、しつけする、マチ針ぬく
っていうひとつひとつが面倒で、

さらにそこから次の工程も「次はミシンか~」とか
いっこうにテンションがあがらない(爆)


その黙々とした感じを
マチ針打ったら次の工程交代できることがまずありがたい。



そしてこの微妙に時間がかかる縫い物作業を
同じ時間で共有できる人がいるってこともありがたい。



作業をやることの負担だけではなくて
分かち合えてることで心の負担が楽になる。



そんなことを体感しました。


これって家事育児全般に言えることだな~と。


実は私は完全分業派ですが
別にそこを求めてない人もたくさんいます。


妻の仕事の大変さに、気づいて
労ってくれて、声をかけてくれる。



実際に夫が作業をやらなくても、
これがあるだけで妻の心の負担はだいぶ軽くなるな~と。



私は夫を最強のパートナーだと断言できますが
さらに信頼が増すできごとでした。



***********************

夫に気づいてもらえる、
気にかけてもらえるって
実は一番重要な仕事な気がする



****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

ご参加いただいたお客様からは
「だんなへすぐできる対応がわかった!」
「しくみをつくるってこういうことだとわかった!」
「自分やこどものぬぎっぱなしも解決できそうです!」
と続々と変化の声をいただいています。


現在10月末まで本プランのお申し込みで満席となっており
新規の受付はお待ちいただいている状態のため
1DAY講座の開催は未定となっております。

開催のご要望をたくさんいただいておりますので
決まり次第ブログにてご案内いたします。


すぐにお悩みを相談したい!ライフシフト・リビングの内容を知りたい!
という方はこちらから「個別相談」をお申し込みください。↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=======================


ライフシフト・リビング
石橋美樹

?Gg[???ubN}[N??