2017年11月24日

「時短」ばかり追い求めても幸せになれない理由

家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビングの石橋美樹です。

前回の記事ではリビングとコミュニケーションの密接な関係について
お伝えしました。

今回は、時短についてお話します。




時短というと、みなさんどういうイメージがわきますか?


毎日タスクがたくさんある中で、
それをいかに要領よくこなすか?


10こやるべきことを、効率よくやることで
通常やる時間を半分にできたとか。


できたときはとても嬉しいですし、
私も過去はこれをとても意識していました。


でもある時気づきました。


「毎日毎日効率よくって
そもそも何のためにやってるんだろう」



なぜなら効率よく効率よくやっても
やらなきゃいけないことは次から次へと出てくる。


ひとつの到達地点にたどりついたと思ったら
また新たな問題や課題が出てくる。


自分の仕事はもちろん、
夫婦関係や子育ても状況や環境は変わり続けるので
エンドレスなんですよね。


話少しそれますが、私は昔から
大手企業のいちじしのぎの「時短対策」がすんごい嫌いで(笑)


全社員20時で帰社を徹底ー!!

ってやってても、
社員のやることも減ってなければ

むしろ増えてるし、
その中で早く帰ることだけ目標にあげても
何にも解決してないからある程度の時間がたったら
さりげなく元に戻ってる(苦笑)

いや、苦笑ではなくもはやイライラするレベルです。
いつまでそれ繰り返してんの~って(ーー)


もちろん短い時間の中で集中して仕事をする考え方を
つくるとか前向きに捉えられることっていっぱいあると
思うんですけどね。


話は戻りますが


そもそもなぜオーバーワークになってるか?


なんとなくこれが原因だろう、
わかってるつもり、じゃなくて
きちんとその課題と向き合い、

これが原因だろうと思ってそれを解決する。


これが私は

「根治」

だと思っています。



そして、そこから

どういう暮らしがしたいか?
の理想を明確にする。



その上で必要な時短を行う。


これがステップとして大事だと思っています。


ライフシフト・リビングでは、
この原因と自分が求めている理想のリビングの状態、

「我が家にとっての幸せなリビング」
を明確にした上で


オーガナイズ作業を行います。



リビングや家族の日常と向き合うタイミングなんて
自分一人ではなかなか難しい。


今の現状のもやもやの原因を解明し
理想のリビングを見つけるお手伝いを
させていただきます!!


********************

もともとやるべきでなかったことを、効率よくやることほど、非効率なことはない。
- ピーター・ドラッカー -


****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

ご参加いただいたお客様からは
「だんなへすぐできる対応がわかった!」
「しくみをつくるってこういうことだとわかった!」
「自分やこどものぬぎっぱなしも解決できそうです!」
と続々と変化の声をいただいています。


現在2018年1月まで長期プランのお申し込みで満席となっており
来年3月までのお申し込みも残り1名様のみとさせていただきます。

年度末に向け、リビングを快適にしませんか?

ただいま限定で「自宅訪問分析」をさせていただいております。
詳細は近日中に公開予定!


すぐにお悩みを相談したい!ライフシフト・リビングの内容を知りたい!
という方はこちらから「自宅訪問分析」をお申し込みください。↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録

=======================


ライフシフト・リビング
石橋美樹