「家族の幸せをつくるリビング」とは

人生の中でリビングで過ごす時間はどれくらい?

家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビングの石橋美樹です。


前回の記事では消費期限が間近の食材に
向いてる収納場所についてお伝えしました。



今回はリビングで過ごす時間についてお伝えしたいと思います。


皆さんはリビングでどれくらいの時間過ごされていますか?

私の超リアルな時間は

5:00~8:30 の朝の3.5時間
18:30~21:00の夕方から夜の2.5時間。

フルで仕事が入った時はこの

トータル6時間

です。


これが、日中リビングで仕事をする場合は3~5時間一気に増えます。


つまり、私の場合

1日のうち短い時でも1/4

長い時は1/3以上リビングにいる


ことになります。


おでかけをしたりするとしても

私たちは人生でリビングで過ごす時間がとても長い!!


人生の1/4以上過ごすなら
その空間の質をあげることってとても大事だと思っています。


それは、
部屋がきれいなだけではなく
家族と楽しく会話ができるか
家事育児がスムーズにできて快適か


そういった心地よさが空間の質をあげると私は考えています。


**********************


人生でリビングで過ごす時間はとても多い。あなたはどう過ごしていますか?


****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

ご参加いただいたお客様からは
「だんなへすぐできる対応がわかった!」
「しくみをつくるってこういうことだとわかった!」
「自分やこどものぬぎっぱなしも解決できそうです!」
と続々と変化の声をいただいています。


現在11月まで本プランのお申し込みで満席となっており
新規の受付はお待ちいただいている状態のため
1DAY講座の開催は未定となっております。

開催のご要望をたくさんいただいておりますので
決まり次第ブログにてご案内いたします。


すぐにお悩みを相談したい!ライフシフト・リビングの内容を知りたい!
という方はこちらから「個別相談」をお申し込みください。↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=======================


ライフシフト・リビング
石橋美樹

「家族の幸せをつくっている」リビングかどうかがわかる2つの要素

家族の幸せリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビングの石橋美樹です。


前回の記事では我が家の子供の書類整理とリビングを
大好きな空間にするためにはについてお伝えしました。


最近、何を学んでいても
物事って2つのものを両端にして天秤のように
バランスをとるものだし、どちらか一方だけを
考えて進んでいると必ず行き詰まると感じます。


例えば
妻と夫。
カラダとココロ。
現在地と目的地。
仕事とプライベート(家庭)。
善と悪。
表と裏。
目に見えるモノと見えないモノ。

とかいろいろありますよね。


リビングにおいても私は同じだと思っています。




家族が幸せになるリビングにするためには
2つのバランスがとれてないと
家族の幸せという方向にしっかり向かえていない、
そんな感じでしょうか。

それは、
「その家族に合ったモノの配置(しくみ)」



「その家族を表現する空気感(コミュニケーション)」

このふたつのバランスがとれていなければならないし、
バロメーターなんですね。

「空間」という字は
空気の「空」と間取りの「間」で作られています。



「空」は、日頃いる人たちの雰囲気や会話で作られるものです。
それはその空間に入った瞬間、肌で感じます。

「間」はモノがたまると停滞するし、流れが悪いと
居心地の悪さにつながります。

そしてそのふたつは密接につながっています。



だから、
いくら部屋がきれいでも家族がはりつめた会話をしていたら
そのリビングは果たして
「幸せを感じる空間なのか?」


逆にみんなが仲良してでも、毎日探し物をしたり
同じストックを買ったりだれかが作業をやりづらかったり

時間とお金とエネルギーを浪費してしまってたら
そのリビングは
「幸せや快適さをカタチにできてる空間なのか?」



求めるきれいさや会話量は人それぞれですが、
その家族ごとのバランスをとらなくては

家族の幸せをつくるリビングにはならないのです。



私たちは今、何のために日々のことをやっているかといったら
「家族の日常」が幸せで快適であることではないかと思います。


リビングは家族の日常そのものです。


仕事も大事だけど、仕事をするという外の方向ばかりではなく
中に向かう矢印も整えないと
なんのために仕事をしているんだかわかりません。

逆もしかりです。


私自身もこの経験で大変なこといっぱいありましたので(苦笑)
自戒もこめてブログに書いています。


ライフシフト・リビングは
そのバランスを整えるためのお手伝いをさせていただいています!



***************************

家族が幸せになるリビングには
どちらの要素もかけてはならない!!


****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

追加日程決定!!
8月18日(金)10:30~13:30(南浦和)
8月20(日)10:30~13:30(新宿)

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

ご参加いただいたお客様からは
「だんなへすぐできる対応がわかった!」
「しくみをつくるってこういうことだとわかった!」
「自分やこどものぬぎっぱなしも解決できそうです!」
と続々と変化の声をいただいています。


残念ながら日程があわない場合は、追加日程を優先案内させていただきます。
お申込はこちらから↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=======================


ライフシフト・リビング
石橋美樹

リビングと家族の幸せの密接な関係

家族の幸せリビングの質で決まる。
夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ
ライフシフト・リビング 石橋美樹です。

=======================

ライフシフト・リビング1DAY講座

追加日程、お申し込み受付中!
7月6日(木)10:30~13:30
7月24(月)10:30~13:30(残席2名)


残念ながら日程があわない場合は、追加日程を優先案内させていただきます。
お申込はこちらから↓

ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録


=======================

前回の記事では雑然としがちなおもちゃ収納がすっきり見える
収納の仕方についてお伝えしました。



「今は仮住まいだから家の中はまだかな」
「こどもがまだ小さいし大きくなって落ち着いたら」
「今は忙しいから落ち着いたら」


こんな話を耳にすることや、自分自身でも
つい後回しにしていることってあり

それに気づいてはっとすることがあります。



もちろん優先順位をつけることも大事なのですが


マイホームを買っても
子どもが大きくなっても
忙しさが落ち着いたように見えても


その時になった時に理想のリビングは
手に入れられないということです。



リビングづくりは結婚と似ていると思います。


結婚は結婚式をあげることがゴールではなく
むしろそこからがスタートですよね。


リビングや暮らしも同じで、


理想の快適なリビングができあがることが
ゴールなのではなく


快適なリビングを作り、そこでの快適さを
積み重ねられることが大事だと思うのです。



《家族の幸せに向かう山にいきなり頂上にはいけないですよね。
向かう方向さえ合って登り始めれば、山登りも幸せに感じると思いますが^^》


そのためには、
理想の暮らしやリビングが何かを
実践して、自分の心地よい状態を見つけていかなくては
なりません。


それまで自分の理想に近づくことを今の家の中で
実践していかなくては、
自分の暮らしや住まいは見つかりません。


そしてなぜリビングなのかといったら

仕事を行き来する自分や夫
学校や保育園にいくこともたち

ごはんを食べて
勉強をして
ゲームをして

会話をして、ケンカもして
それぞれ一人の時間もある。


そんな家族の日常がつまっている場所。


だから、

リビングが快適になるということは
家族の日常がもっとよくなる


ということなのです。




「変えられるものを変える勇気を
変えられないものを受け入れる冷静さを
そして両者を識別する知恵を与えたまえ」
ラインホールド・ニーバー




私が主催しているさいたまスマートママズクラブの
親元主催の大隅聡子さんがフェイスブックで
投稿されていた、この言葉。


今目の前に起きている状態やあるものは
これまで選択してきたものそのものです。


そこに何か違和感を感じているなら
違和感と向き合って変えていかないと
いつまでたっても変わりません。


前と今で何が変わったのか?
それを受け入れて、向かう先を軌道修正していく。


自分と家族の幸せのために向かって
がんばっているとしたらなおさら考えなくてはいけないです。



その道をつなげるために
今のリビングを自分の理想の状態に少しでも
近づけることをコツコツやっていく。


それはリビングに限らず仕事、家族との関係、
子供の成長、全てにおいて
同じことが言えると思います。


私も最近は日々これを言い聞かせてます。


***************************

リビングの快適さと家族の日常の快適さは
比例している


****************************

ライフシフト・リビング1DAY講座

テーマ
「3時間で夫がぬぎっぱなしのアウターが勝手に片づく毎日が手に入る!」

7月の1DAY講座両日受付終了しました!
8月の追加日程近日ご案内します。

7月6日(木)10:30~13:30
7月24日(月)10:30~13:30


追加日程を優先案内させていただきます。
お申込はこちらから↓
ライフシフト・リビング1DAY講座お申し込み、優先案内登録

=====================

ライフシフト・リビング
石橋美樹



夫が勝手に家事に参加するリビングのカタチ

家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が家事に勝手に参加するリビングのカタチ
ライフシフトリビングディレクターの石橋美樹です。


前回の記事では忙しい夫婦がすれ違わないためのとっても有効な

1日7分間の時間の使い方についてお話ししました。



みなさんお気づきか?どうかは確認できないので

自己申告しますが(笑)

ブログタイトルとサブタイトル、肩書きを変更しました!


家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が家事に勝手に参加するリビングのカタチ



このコンセプトをもとに私の独自のメソッド

「ライフシフトリビングメソッド」

をご提供していけたらと思っています!


リビング変えれば、

夫が勝手に家事や育児をやってくれるようになったら

毎日楽しいしラクじゃないですか?!


毎回同じところでイラッとこないし(だんな気づけよオラっ的なね)

そう思ってた時間を夫や子供達と楽しく過ごす時間に使えるし

自分のことや将来のことを考える時間にフォーカスできます。



ついでにだんなさま(ついでか)も、帰ってくるときに

早くかーえろ!!と思いながら帰ってこれたらうれしいですよね♪


そんなメソッドをいろんな切り口でブログでお伝えできたらと

考えています!


そしてそして…

これらを体系化したグループ講座×リビングコンサルティングを

4月からスタートしたいと思い、ただいま準備中です!!


その内容なんかもブログで少しずつお伝えしていこうと

思いますので、楽しみにしていてください(≧∇≦)


楽しみに楽しみにっていってますけど…、


私が一番楽しみなのでー(笑)!!


だから絶対楽しい講座で、

みなさんにとって大好きなリビングになると思います♪


では改めて、リンナの考える「上質な」「我が家らしい」リビングについて

お伝えしたいと思います。

まず「上質」っていう言葉だけみると、リッチだったりゴージャスだったり

華やかなイメージを持つ方も多いと思います。

リンナで考える上質はそういうのとは少し違って

例えば帰ってきてほっとできる

夕食に楽しい会話ができる

ふとん気持ちいい~とにやにやしながら寝る子供達の顔がみれる

そういう何気ない毎日を心地よく思える

それが上質だと考えています。

これは、学生の時に学んだ「QOL(Quolity of Life)」の考えがベースになっています。


なので、ご家族ごとにこの質というものは変わるし

もっと言えば家族一人一人だって違う。

ただ、私たち嫁・母として望んでいるものはとてもシンプルで身近なものなんですよね。


ここをベースにして、どう「我が家らしさ」をいれていくかというと、

それはこうなりたいという理想のイメージと

毎日考えている「これはやだな」と思っていること

口にする言葉、交わす会話を

引っ張り出して、それをリビングに落とし込むイメージです。


大事なのは毎日の生活です。

といっても難しいことはないので

どうやったらできるかのヒントを

これからもブログでお伝えしていきます!


**********************

家族の幸せはリビングの質で決まる。
夫が家事に勝手に参加するリビングのカタチ
ライフシフトリビング


LINNA
miki ishibashi




「家族の幸せをつかむリビングのつくり方」人気記事まとめてみました

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。

前回の記事ではメイクレッスンで30代ナチュラルメイク派は

眉毛の描き方を見直すべきだというお話をしました。




今回は、このところとても反響やコメントをいただく

「上質なリビングをつくる片付けのしくみ」、

「我が家のライフオーガナイズ」カテゴリーの

人気の記事をまとめました。



「大人もこどもも出し入れがラクな収納用品」
キッチンで使用している、とても使いやすい収納用品についてのお話。


「夫の『4大』大切なものを大切にする方法」

夫(男性)の好きなものを4つに分け、それぞれを大切にする方法について。

「夫のぬぎっぱなしを防ぐ方法(ついでに私もこどもも)」
夫、ついでにこどもと私がぬぎっぱなしを防げるようになったお話。

「キッチンの年末掃除(コンロ側)」
キッチンのコンロの調理器具の配置や収納で気をつけていること。

「捨てられなかった古いバスタオルのゆくえ」
引っ越す前でもどうしても捨てられなかったバスタオルを今、どう活用しているか。


「大事なものは見える化すると、いらないものが自然とわかる」

夫とこどものおもちゃ収納で気づいたこと。

「長男、書類を仕分ける。」
年末に入り、6歳の長男に書類のオーガナイズをやってもらった話。

「我が家の意外なおもちゃ収納場所」
夫と長男、次男のお気に入りのおもちゃをしまっている意外な場所。

「誰でも使いやすくて、しかも私がストレスフリーなキッチン棚」
出入りが多い我が家のキッチンで、皆が使いやすくて

めんどくさがりな私がイライラしないキッチン棚

「夫のカバンの置き場所はどこか」
夫と私がやってしまう仕事帰りにカバンをどこに置くか問題を解決した置き場所。


以前の私は、ぱっと見はきれいにできるんだけど

忙しさに比例してちらかって

ちらかっては片付けて

それも追いつかなくなって

夫が帰ってきたときに

「きたない…」と

言われるような状態でした。


忙しくなるとそうなる自分もすきじゃなかったし

そうするとこどもたちにも夫にも

笑顔をむけられなくて。

「気持ちに余裕があれば…」

「なんかいい方法ないかな~…」

とかずっと考えてました。


でも

気持ちに余裕がでてくるのが先ではなくて

しくみをつくってしまうことを先にする

と気持ちにも時間にも余裕がでてくる


ということが一番の気づきでした。


もし今、

なんかもっと効率よく生活できるんじゃないか

日々の生活のことは考えずにさっさと済ませて、

自分の仕事や将来のことを考える時間

こどもたちや夫と過ごす時間を大事にしたい


と思った時は、ぜひお声かけください。


***********************
悩みをシェアするだけでも

前にすすめるかもしれません♪




LINNA
miki ishibashi

ジブリ好きの私が実現したマイホームはやっぱり…!

家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター・ライフオーガナイザーの石橋美樹です。

前回の記事ではこどもと一緒にできる家族の目標設定の仕方について
さいたまスマートママズクラブのレポとともにお伝えしました。


今月の金曜ロードショーは3週連続冬ジブリ!!

ヒューヒュー!!何度きてもサイコー!!


私はジブリ好きを存分に出し始めたのは

夫と付き合い始めてからで(つまり夫もジブリ好き)

ベスト3をあえてあげるなら

魔女宅
ナウシカ
耳をすませば
紅の豚

あっと3つに収まらなかった!!


魔女宅とトトロなんかはこどもの成長とともに

おびただしい回数をみています。


今日は千と千尋の神隠しで、ベスト3(4?)には入ってませんが

やっぱりあの空気感は好きです。


それで、私はマイホームを建てた後改めてですね、

「ジブリ好きが反映されている家がたった!」

と自分でも驚きました。


まずですね、千と千尋。

冒頭で千尋が別世界に迷い込む前に車で向かってるときに

お母さんが「ほらあそこじゃない」って指差した家があるじゃないですか。

あの角度好きで、高いところにある家ってなんかいいな~と

思ってたら、本当に遠くから自分の家が見えるポジションの家だった


あの遠くにある家です(笑)


次に、耳をすませばで、私は天草誠司くんのじいちゃんの家が

とーってもすきなのですが、

特に好きなのが家の横に階段があって、裏から入れるところ。

そしたら、家の横に階段があって、別玄関がある家だった


さらにいうなら、ジブリの登場人物は古い家に住んでる人がほとんどだと

思いますが、中古にしか興味がなかったのは、金銭的なメリット以上に

古い家の中に漂う空気感が好きだった



と、マイホームを買う上でジブリ好きが影響していたんだなと思います。


また逆の視点から考えると、

幼少期に幾度も感じた部屋がきれいだけど張り詰めた空気は

とてもいやで、じゃあどうだったら自分にとって居心地がいいんだろ?

を追求した結果が、今の家なんだと思います。


目の前の「こどもが増えたからそろそろほしいな」とか

「通勤する時に近いところ」「いずれ売る時のために」とか、

もちろんそういった理由も大事だと思うんですが、

毎日過ごす家だからこそ、自分の中にあった想いをひっぱりだして

具現化したほうが、絶対毎日が快適になるのではないかなと思います。


当たり前なことかもしれませんが、ジブリ週間で改めて

我が家が好きだな~!と思ったのでした♪



*****************
理想の居心地のいい空間は

過去の自分の好きなものイヤなもののなからに必ずあり

それについて真剣に考えれば必ず実現する


LINNA
miki ishibashi


2017年もよろしくお願いいたします!


家族の幸せをつかむリビングのつくり方
リビングディレクター/ライフオーガナイザー石橋美樹です。




昨日の記事と同様、子供達がようやく寝まして

こんな時間にブログを書いています(笑)


今年は酉年で私は年女


さらに酉年は商売につながる干支だそうで、

「運気もお客様もとりこめる」と考えられているそうです。

商売に限らず1年を通して成果をだそうと思います!


今日は夫の実家で1日お家で過ごしました。


お正月をこうやって毎年一緒に過ごせること

何気ない日を大切な人と一緒に過ごせることは

やはり「上質なもの」なのだと改めて思いました。


明日は地元のお寺にお参りに行きます!


熊谷を満喫します(笑)


LINNA
miki ishibashi




私が夫と子供たちを幸せにする!

家族の幸せをつかむリビングのつくり方

リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋美樹です。

前回の記事はイケアに行ってやってしまった

私の目的のない買い物についてお話しました。



今日は改めてこのブログ

「家族の幸せをつかむリビングのつくり方」

想いについてお話したいと思います。


私が、夫や子供達を自分の力で「幸せにする」と言葉で意識したのは

大学の友人がフェイスブックであげていた投稿記事がきっかけでした。

どんな記事かというと、

友人が海外で挙式をあげきれいなウェディングドレスをきて、

素敵なダンナ様を…お姫様抱っこしている写真!

(実際の写真をみせられないのがとっても残念)

と、「(旦那様を)幸せにするぞ!」というコメント。


爆笑とともに、なんてかっこいいんだろう!と思いました。


もともと、私自身「結婚は生活だ」スタンスの持ち主で

夫とも一緒に生活し助け合う運命共同体や同士みたいな

気持ちが強かったですが

自分が家族を「幸せにする」という感覚って

そこまで強くなかった気がします。だからこの投稿見たときに

あ~!私も絶対そうしよう!

私が家族みんなを幸せにするんだ!

その方が絶対楽しいし私に合ってる!


と思いました。


と考えたら、そもそもの話でいうと今こうやって家族と過ごして

こどもたちや夫が笑ってるのだって

私自身、みんなが幸せにする努力をしてるなって。

がんばってるじゃん私!って思えたりもして。

何気なく過ごせる時間を私作れてるじゃん!って思えたら

この考え方はさらにいい考え方だなと思いました。


人生、何が起きるかわからない。

だから、全力でみんなを幸せにすると決めています。


上質なリビングをつくるのも家族の幸せを自分で「つかむ」ため。

やりたい仕事をやるのも、私が楽しく働く姿をこどもたちにみせたいから。

夫との会話を大事にするのも、10年後もその先もずっと仲良くいたいから。

だけどたまにやらかすこともある、さっそく昨日もやらかした(前回の記事参照)。

それでも私自身が幸せをつかむ!と決めて、

そうありたいと思ってこのタイトルにしました。


このきっかけをくれた大学の友人と

書くことの背中を押してくれた

私のライフオーガナイザーのパートナーの

順ちゃんに心から感謝してます。



****************************************

私が、家族の幸せをつかむ!




LINNA
miki ishibashi

上質なリビングとは?



家族の幸せをつかむリビングの作り方
リビングディレクター/ライフオーガナイザーの石橋です。

今日は上質なリビングについて考えたいと思います。

「上質」っていう言葉だけみると、リッチだったりゴージャスだったり

華やかなイメージを持つ方も多いと思います。

リンナで考える上質はそういうのとは少し違って

例えば帰ってきてほっとできる

夕食に楽しい会話ができる

ふとん気持ちいい~とにやにやしながら寝る子供達の顔がみれる

そういう何気ない毎日を心地よく思える

それが上質だと考えています。

これは、学生の時に学んだ「QOL(Quolity of Life)」の考えがベースになっています。


なので、ご家族ごとにこの質というものは変わるし

もっと言えば家族一人一人だって違う。

ただ、私たち嫁・母として望んでいるものはとてもシンプルで身近なものなんですよね。


「上質なリビング」とはシンプルで身近なもの。

LINNA 
miki ishibashi